ビルバルと聖人

皇帝アクバルの王国のアシュラムに一人の聖人が住んでいた。
彼は未来を正しく予言すると信じられていた。
その聖人に、姪の治療に来た人がいた。その子の両親はその子の目の前で殺されました。彼女は聖人を見ると、あの聖人が犯人だと大声で叫び始めました。
少女の言葉に怒った聖人は、夫婦に子供を連れて行くように要求しました。
少女は一日中泣いていたので、夫婦は少女が嘘をついていないことを悟りました。
そこで、彼らはビルバルに助けを求めることにしました。
バーバルは彼らを慰め、皇帝の集会で待つように言った。ビルバルはアクバルの宮廷にも聖人を招いていた。
そして、大臣全員の前で剣を抜き、聖人を殺そうと近づきました。聖人は戸惑いながらもすぐに別の剣を抜いて戦い始めました。この聖人の行動によって、聖人が盲目ではないことが証明されたのである。
そこで、アクバルは犯人の絞首刑を要求するとともに、危機的状況でも真実を語った少女の勇気に報いた。
www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。