ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われないの感想と口コミ

【ちょっと悲しくて考えさせる漫画】
なかなかにエッチな描写がしっかり入っているので、読む人を少し選ぶかも。特に女性は苦手と感じる人が多そうな作品だな、というのが正直な感想でした。
でも、私自身は女ですが、これはこれでありかな、と。批判を受けやすそうな主人公にすらなんか妙に共感してしまいました。だって人間だし。
こんな極限状態で見返りなくして無償でただただ正しい行動をされても、逆によくあるヒーローものの物語かと気持ちが冷めてしまいそうだな、と。
かえってこれくらい人間臭い行動を見せつけられたほうが個人的には魅力を感じました。そういう意味ではただのエロ漫画ではなく、ちょっと悲しくて考えさせる中身もしっかり楽しむことができる漫画だと思います。
ゾンビ系でありながらエッチな要素がしっかり入ったちょっと異色な組み合わせこそが「ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない」の最大の魅力だと思います。
その異色な組み合わせに興味が湧いた人は必読。特にエッチな部分の描写はかなりしっかりあります。しかも、絵もなかなかに可愛いのでその手のエッチな描写をこれまでにない
ちょっと違った世界観で楽しみたい。そんな人には特におすすめです。また、そのような描写を抜きにしても、本当に色々なことを考えられるちょっと重めなストーリー自体も本作の魅力だと思います。
人によってはエッチな描写ばかりに目がいってしまうかもしれませんが、それ以外の部分にも魅力がたっぷり詰まった作品です。
【読んでてハラハラする漫画!】
ゾンビものなのでてっきり、ある日ゾンビが大量発生して逃げ回る話かと思ったら主人公だけはゾンビに見つかっても襲われないという謎のスキルを知らない間にもっています。
でも、自分以外の人間はゾンビに見つかるとすぐ襲われるので主人公だけのスキルのようで、このスキルがあるのが不思議です。ゾンビっぽいものに嚙まれているのに、ゾンビ化しないのも不思議なので、冒頭から謎なことが多くて続きが気になってしまいます。
あと、ゾンビは移動スピードがめちゃくちゃ早くてあっという間に追いつかれるので、見つかったら終わりという感じで、読んでいるこっちまでハラハラします!主人公だけはどこを歩き回っても襲われないので、ハラハラせずに済むのでちょっとだけ安心します。
でも、人間なので襲われないだけだとやがて死んでしまいます。主人公はこの危機をどう乗り越えるのかが気になる作品です。
(1)走るゾンビだらけ!ゾンビはのろのろ歩かない
主人公は、人と出会って情報を得るたびに生存者を探して街の中を移動します。
主人公はゾンビに見つかっても大丈夫ですが、生存者は見つかったら即死といって言いぐらいゾンビにすぐ襲われます。なので、生存者と生き延びたい場合は、作戦を色々考えないとまず難しいです。主人公たちがどう生き延びるかは見どころです!
(2)主人公だけが襲われない謎のスキル
ゾンビに噛まれて具合が悪くて寝込んでいた主人公が、目を覚ますと街の中にゾンビが溢れていました!という物語の始まりですが、これは生まれつきゾンビに耐性でもあったのでしょうか?それに、ゾンビに襲われない理由も謎です。
冒頭からよくわからないことが多くてどこかで理由がわかるのでしょうか?これが気になります!